雨の日に自宅でも出来る有酸素運動とは?

有酸素

ダイエットをするのであれば、有酸素運動が重要だと聞いたことがあると思います。では有酸素運動とはどれを指しているのでしょうか。また、雨の日に自宅で出来る有酸素運動はあるのでしょうか?

このページではそんな疑問を解決します!

有酸素運動とは

その文字が示す通り、有酸素運動とは酸素を消費し十分な呼吸をしながら出来る運動のことを指しています。逆に呼吸をせずに一気にしてしまう運動のことを無酸素運動といいます。体にかかる負荷としては、軽度から中度くらいの負荷のものが多いので長時間継続が可能な運動を指していることが多いです。

有酸素運動がダイエットに有効な理由としては、呼吸をしながら行う運動であるため全身の細胞に新鮮な酸素を共有することが出来、細胞を活性化させることが出来るためです。これによって体内で燃焼が起こり、エネルギー源として脂肪が使われるので痩せていくという仕組みです。

効率良く痩せるためには

さて有酸素運動をする際ですが、がむしゃらに走ればいいのかというとそういうわけではないです。効率よく体重を減らすための手順というものがあるのです。

まず有酸素運動をするのに一番向いているのはご飯を食べてから2時間以上、少なくとも1時間以上経っている状態です。これだけの時間を置いておけば、体内で消化も進んでいますし、炭水化物が燃えやすい状態になっているので、脂肪が燃え出すまでの時間を短くすることが出来ます。

また、運動前に水分をとって身体が乾いていない状態にしておくのはもちろんのことですが、カプサイシンを摂取しておくことでより脂肪が分解されやすい状態を作り出すことが可能になります。なので、運動前には炭水化物とカプサイシンを一緒に取れる担々麺などがいいかもしれないですね(笑)

自宅で出来る有酸素運動

さて梅雨などの時期になかなか外で運動できないということもあると思いますので、自宅で出来る有酸素運動を紹介させていただきます。

スクワット

まずは何の道具もなしに出来るスクワットです。ただし正しい姿勢で行わないと膝を痛めたりしますので注意しましょう。

  1. 足を肩幅に開き、胸を張って立ちます。手は頭の後ろに組みましょう
  2. 息を吸いながらおしりを突き出すように腰を落とします。この時、膝がつま先より先に出ないよう注意しましょう。
  3. 膝がだいたい90度のところまでいったら5秒間キープ
  4. その後息を吐きながらゆっくりと元の姿勢に戻ります。

ニールトゥーエルボー

これも道具なしで出来ます!しかもねじれ運動が加わるので、横っ腹も痩せやすくなるかも。

  1. 足を肩幅に開き、背筋を伸ばして立ちます。
  2. 右肘と左膝をくっつけるように引き寄せます。できたら1のポジションに戻ります。
  3. 1の姿勢に戻ったら間髪入れず、逆の左肘と右膝をくっつけるように引き寄せます。
  4. この左右セットを1回と数え、20回行いましょう。

以上2つの運動を紹介させてもらいました! 有酸素運動を有効活用し、効率よく痩せていきましょう!!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加