コレステロールはダイエットの天敵なのか?

健康診断とかでコレステロール値がどうこうというのを誰しもが聞いたことがあると思います。これだけ聞くと「コレステロール=悪」と思われがちですが、実はそんなこともないんです。

今回はそんなコレステロールについてまとめさせていただきました。 ご覧くださいませ。

コレステロールとは

コレステロールと呼ばれるものは、人間の細胞膜を作るために必要な要素でして、生きていくうえで欠かせない「脂質」の一つなんです。

よくテレビなどを見ていると「コレステロール=悪」というような見せ方をされていますが、全てのコレステロールが悪いというわけではないんです。

コレステロールの中には善玉コレステロールとよばれるものと悪玉コレステロールと呼ばれるものの2種類があるんです。

善玉コレステロールと悪玉コレステロールの違いとは

上記に挙げた善玉コレステロールと悪玉コレステロールですが、本質的にはコレステロールということで一緒です。ですが、善玉コレステロールは増えても問題ないですが、悪玉コレステロールが増えすぎると動脈硬化などの病気が引き起こされる可能性が格段に上がります。

善玉コレステロールは「HDL(高比重リポたんぱく)コレステロール」とも呼ばれまして、簡単に言うと血管に張り付いて動脈硬化の原因となるコレステロールを引き剥がし、肝臓へ運ぶ役目を持っております。これにより、血管が詰まるという問題が起きなくなります。

逆に悪玉コレステロールは「LDL(低比重リポタンパク)コレステロール」とも呼ばれまして、先ほど言った「血管に張り付く」という動きをしているコレステロールのことを指しています。これが増えすぎてしまうと血管がつまり動脈硬化などの病気が引き起こされます。

ダイエットでコレステロールの関係とは

ダイエット関連の記事を見ていると「ダイエットをしたことでコレステロール値が上がった」というような記述を見かけることがあります。

これは何パターンか考えられまして、先程も言ったように善玉コレステロールが増えているだけなのであれば、なんの問題もないです。

しかし悪玉コレステロールが増えてしまっている場合は、早急に改善したほうがいいですね。ちなみに糖質制限ダイエットで悪玉コレステロールが増えることが多いのですが、それはご飯類が減ったことでおかずを食べる量が増えたことに原因があります。

おかずが増えたことによって、油部分の多い肉料理が増えてしまった。そんなことが思い当たるのであれば、コレステロールが増えた原因はそれです。

 

どんなダイエットでも最終的に体調を崩してしまっては元も子もありません。身体に負担をかけずに健康に痩せる方法をとっていくようにしましょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加