ホメオスタシスとダイエット停滞期の関係とは!?

みなさんは「ホメオスタシス」という言葉を聞いたことはありますか?なんとなく聞いたことがあるという方は多いと思いますが、その説明が出来るという人は少ないのではないでしょうか。

このページでは、そんな「ホメオスタシス」についてまとめさせていただきました。興味のある方はぜひご覧くださいませ。

ホメオスタシスとは?

ホメオスタシスは、日本で言い換えると「恒常性」という言葉で表現される事柄です。これをさらにわかりやすく言うと、例えば夏の暑い日でも冬の寒い日でも人間の体温はそれほど大きく変わらないですよね?これは発汗作用を起こしたり逆に発汗を抑えたりして体温を一定に保つための営みを行っているためです。

これがホメオスタシスの一部なんです。他にも体内の血圧を一定に保つ・傷口が塞がる・ウィルスなどを身体から排除すると言った働き全部がホメオスタシスだといえます。

ホメオスタシスとダイエットの関係性

そんなホメオスタシスですが、実はダイエットと大きな関係があるんです。

ダイエットをしたことのある人ならばほぼ全員、「停滞期」を味わったことがあると言っても過言ではないと思います。それまでは順調に体重が落ちていたのに、ある時急にピタッと体重が落ちなくなった。そんな苦しい時期を味わったことがあると思います。

実はこれ、ホメオスタシスが関係していたんです。ダイエット中で一気に体重が落ちている時というのは、身体からすれば異常事態なわけです。「今までこんなに一気に体重が落ちることはなかった。もしかして飢餓状態にいるのではないか?」と身体が勘違いしてしまいます。

そうなってしまうと、生命を維持するために身体は消費カロリーを減らして、少しのカロリーでも生きていけるようにしてしまいます。これがホメオスタシス効果なんです。ちなみにこれは、1ヶ月に5キロ以上落ちるダイエットをしている時に一番起きやすいと言われています。

停滞期を脱出するためには

停滞期を早く抜けるためには、ダイエットのペースを緩やかにする必要があります。

停滞期に入っているということは、身体が飢餓状態だと勘違いしているわけなのです。よって、身体に「今は飢餓状態じゃないんだよ」ということを認識させる必要があります。これをするためには、摂取カロリーを減量期よりもちょっとだけ増やしてあげるのがベストです。

それをすることで、ホメオスタシス効果を薄めることができ停滞期を早く抜けることが出来るようになります。なお、この停滞期に諦めてしまうとリバウンドの大きな原因になるので、気をつけましょう!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加