皮下脂肪は実は女性がつきやすい!?効率的に落とす方法とは

ダイエットを心がけているみなさんであれば、身体についている脂肪にはいくつか種類があるということはご存知ですよね?

脂肪には、つきやすく落ちやすい内臓脂肪やエネルギーの燃焼が多い褐色脂肪細胞に加えて、今回紹介する皮下脂肪が存在しています。このページではそんな皮下脂肪に関して詳しく掘り下げていこうと思います。

皮下脂肪とは

さてまずは皮下脂肪の説明からです。皮下脂肪とはその名前の通り、皮膚のすぐ下についてしまっている脂肪のことを言っています。この皮下脂肪は内臓脂肪と比べますとかなり落としづらいので、ダイエッターの心を折る存在といえるのではないでしょうか。

ではなぜ皮下脂肪は落ちにくいのでしょうか。それは、皮下脂肪が「消費されることのなかったエネルギーが長い時間をかけて蓄積された脂肪だから」という点に集約されます。

普通に生活しているだけでは、摂取しているエネルギーで事足りてしまいます。よって、エネルギーとして皮下脂肪を使う機会が訪れません。なのでいくら頑張ったとしてもエネルギーが足りない状態を作らないことには皮下脂肪は減らないのです。

皮下脂肪は女性のほうがつきやすい?

ダイエットを頑張っている女性の皆さんには申し訳ないのですが、これは事実です。どうしても女性のほうが男性よりもつきやすいというのが事実です。

これには理由がありまして、それは女性には子供を生むという機能が備わっているからです。

子供を生むための子宮は大きくなってしまうと皮膚しか守るものがなくなってしまいます。それではあまりに危険なので、女性のほうが脂肪、特に皮下脂肪がつきやすい身体の作りになっています。

皮下脂肪を効率的に落とすには?

そうはいっても、多少は減らしたいのが人情というもの。皮下脂肪を効率的に落とす方法はないのでしょうか。

実は皮下脂肪を効率的に効率的に減らすには有酸素運動をするのが一番良いのです。しかも激しいものを短時間という形ではなく、多少負荷の軽いものを長時間やるほうが良いです。

有酸素運動をすると、糖質⇢タンパク質⇢脂肪という順番で身体の中のエネルギーが消費されていくようになります。これを見てわかるように、脂肪が萌えだすのは一番最後です。よって、最低でも30分間は有酸素運動をしないと脂肪は燃え出さないと言われています。

ちなみにそんな脂肪の燃焼を助けてくれるのが明治が出している「VAAM」という商品です。これはスズメバチを研究して、脂肪が燃えやすくなる成分を抽出したものですので、興味のある方は試してみてはいかがでしょうか?

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加