BMIと病気の関係性をまとめました

bmi

みなさん、BMIって聞いたことありますか?最近は安い体重計を買ってもBMIの計算機能が自動でついていたりして、目にする機会も増えてきたのかなと思います。

この記事ではそんなBMIに関する事柄をまとめさせて頂いております! BMIって何?という方はぜひご覧くださいませ(^^)

BMIとは?

BMIは”Body Mass Index(ボディマス指数)”を略した言葉でして、簡単に言うと身長の二乗に対して体重がどうかという指数です。標準体重の範囲内ですと、このBMIの値が22付近を示すようになっておりまして、世界保健機構(WHO)の基準ではBMIが30以上を示している場合は、肥満体型であると言われています。

日本肥満学会の定めたBMI基準

先ほどはWHOの基準で行くと、BMI30を超えたら肥満というように書きました。この肥満の基準というのは世界各国で見解が分かれているようでして、日本肥満学会が定めた基準によると、18.5未満は低体重・18.5以上25未満が普通体重・25以上が肥満というように定義しております。なお、WHOより基準は低いものの、肥満の度合いによって「肥満1」から「肥満4」まで分類をしているようです。

BMIと病気の関係性

ちなみにBMIが22付近をしている時には、高血圧や高脂血症、肝障害や耐糖機能障害といった病気を持っている確率が低いと言われています。これは22を示す人が内臓脂肪が多いわけでも、砂糖などの糖類をとり過ぎているわけでもない標準体重の人だからだといえます。

なおBMIの値が低いから内臓脂肪がないかというと、そこは必ずしも一致しないみたいです。ただし、メタボリックシンドローム予備軍をすくい上げるという意味で、特定健診や特定保健指導の基準にはBMIが用いられているというのが現状です。

またBMIの数値が低い、いわゆる「痩せ」の人も注意が必要なようです。厚生労働省と東北大学が5万人を対象に調べた所、40歳以降の平均寿命が一番短かったのが肥満体型の人ではなく「痩せ」の人であったと言われています。 そしてなんと、一番平均寿命が長かったのがBMI25から30の人たちでした。その差は男性で7.10年・女性で6.26年もの差がありました。

BMIだけで判断しないで、病気を予防しましょう

上記の結果を見ていると、BMIの数値に関係なく病気にかかる時はかかるのだということがわかると思います。

よってBMIはあくまで判断軸の一つとし、それに囚われることなく自分の体調をしっかりと管理していきましょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加