急激なトレーニングでリバウンドしてしまう。その原因とは?

頑張ってダイエットをしようという方ほど、一気にやりすぎてしまうものです。しかし急激なトレーニングで体重を一気に落としてしまうと、その分リバウンドする危険性が増します。その理由と対処方法をまとめました。

運動して体重を減らそうという方はぜひご覧ください。

急激なトレーニングがダメな理由とは

ダイエットをするなら運動をしてカロリーを消費するのが一番いいと思います。その点は100%同意なのですが、問題はやり方をどうするかですね。急激にトレーニングをしてしまうと、身体が勘違いをしてしまう可能性が大きくなります。

身体は昔々の記憶を身体にとどめています。よって摂取カロリーが減って体重が減ってしまうと「食料が手に入らなくなって、飢餓状態になったのでは!?」と勘違いをしてしまいます。その勘違いによって、身体の消費エネルギーが普段よりも下げられてしまい、かつ脂肪やエネルギーを積極的に摂取しようとなります。

よって短期間に体重を減らしすぎると身体に勘違いをさせてしまいます。これが急激なトレーニングで体重を減らしてはいけない理由です。

どのように体重を減らすのが良いのか

短期間に体重を減らすのがまずいのであれば、ではどのように体重を減らすのが良いのでしょうか。それはなるべく長期間にわたってゆっくりと体重を減らすことです。急激に体重が落ちすぎてしまうと身体が飢餓状態だと勘違いしがちですが、数ヶ月にわたって少しづつ体重を減らしていくのであれば身体も勘違いを起こしません。

ではゆっくり体重を減らしていくにはどうすればいいのでしょうか。それには基礎代謝を上げていくのが一番おすすめの方法です。基礎代謝を上げるために手っ取り早いのは、大きな筋肉を鍛えることです。例えば体幹の筋肉やふとももにある筋肉などはかなり大きいので、ここを重点的に鍛えることで基礎代謝を上げることが出来、体重をゆっくりと減らすことが出来るようになります。

オススメの筋トレ方法

さてそれでは体幹を鍛えるオススメの筋トレ方法を紹介させていただきます。それは足上げです!手のひらをヘソの前に手の平を下に向けた状態で構えます。その手を目掛けて膝を交互にあげます。たったそれだけです。これを30回1セットで1日3セットくらい行えば、徐々に体幹を鍛えることが出来ます。

なお体幹を鍛えることで、ポッコリお腹もへこませることが出来ますし体重も減らすことが出来るといいこと尽くめです。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加