ストレスで過食気味になり、ダイエット失敗。どうやって防ぐ?

sutoresu

仕事をしていたり、ずっと家事をしているとストレスが溜まることも多いですよね。そんなストレスのせいで過食気味になってダイエットに失敗してしまう。そんなパターンも多いと思います。

ではそれを防ぐためにはどうしたら良いのでしょうか。そちらをまとめました。

ストレス過食の原因とは?

ストレスによる過食に関しては、精神的なものが大きく関わっています。また、精神的な作用が大きいということは、脳が関わっていることが多いです。では、脳がどういった状態になるとストレス過食になりやすいのでしょうか。

これに関しては既に明らかになっていまして、脳内に「セロトニン」という物質が足りなくなるとストレス過食が加速すると言われています。セロトニンは脳内の安定に重要な役割を持つと言われている精神物質のひとつです。

セロトニンというものは、うつ病や不眠との関係がよく知られているものです。このセロトニンという物質は意欲を保つ精神物質であるドーパミンや不安を感じさせる精神物質であるノルアドレナリンをコントロールする役割を担っているものです。よってこのセロトニンのバランスが崩れることで精神バランスが崩れてしまいます。

セロトニンが崩れることで何が起きるか

このセロトニン不足の厄介なところは、これによってループが起きてしまうことなのです。セロトニンが不足すると、精神が不安定になってしまいます。これによってストレスを感じると、さらにセロトニンが不足していきます。このような悪循環が起きることが、セロトニン不足で一番厄介なところなのです。

この嫌な連鎖から抜け出るためには、完全にストレスのもとを断つ、もしくはセロトニンを増やす必要があります。ですが、普通の生活をしていてストレスを完全になくすということはどだい無理でしょう。よって、セロトニンを増やしてこの悪循環から抜け出す方法を下記に記載します。

セロトニンを増やすためには

では、セロトニンを増やすためにはどういったことをする必要があるのでしょうか。昔から精神的に不安定になっている時は太陽の光に当たれ、というのを聞いたことがあると思います。じつはこれ、科学的な根拠のある行動だったんです。

目から太陽の光を入れると、脳が朝だということを認識しセロトニン神経が活性化されます。これによってセロトニンを増やすことが出来るのです!ちなみに直接太陽を見過ぎると目を痛めるので、長くても数十分程度に抑えておきましょう。

以上ストレス過食の原因と対処法をまとめました。ストレス過食によってダイエットが失敗しないよう、普段からセロトニンを増やすように意識しましょう!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加