美容外科の脂肪吸引に頼って、ダイエットを失敗する理由とは?

ninoude

今は美容皮膚科にいけば、脂肪吸引と行って脂肪を身体から取ってくれる素晴らしいサービスがあります。ではこれをすれば必ず痩せることが出来るのかというと、そういうわけではありません!何もしなくても痩せることが出来るのに、何故でしょうか?

今回は脂肪吸引をやってもダイエットに失敗する人の特徴をまとめました。これから脂肪吸引を考えている方は参考にして貰えると幸いです。

脂肪吸引とは?

脂肪吸引とは、医療機関でのみ施術が許されている効果の高い痩身方法です。最近は「切る脂肪吸引」と「切らない脂肪吸引」の2種類があるようです。切る脂肪吸引は一般的な、皮膚を切除してカニューレと呼ばれるものを挿入して脂肪を吸引するものです。今まではこの方法しかなかったので、吸引する際に過剰に脂肪を吸引してしまったり、脂肪細胞以外を傷つけてしまったりという事故が発生していました。

そこで「切らない脂肪吸引」が誕生しました。切らない脂肪吸引はその名の通り身体にメスを入れずに、身体の外から脂肪型以外に出るように働きかけます。

脂肪吸引はリバウンドしにくい?

皮膚を切って脂肪を吸引すると聞くとすごく痛そうな印象なのですが、実際脂肪吸引後にリバウンドすることはあるのでしょうか?

通常のダイエットと脂肪吸引の違いは、脂肪の大きさを小さくしているか脂肪自体の数を減らしているかの違いです。通常のダイエットは、あくまで脂肪の大きさを小さくしているだけですので、食事をいつもどおりのものに戻せば、結局は脂肪細胞の大きさが元に戻ってしまうということがあります。

その点脂肪吸引は脂肪の数自体を減らしているので、リバウンドしにくいと言われています。

それでもダイエット失敗する原因とは?

ではリバウンドしづらいと言われている脂肪吸引ですが、なぜダイエットに失敗する人がいるのでしょうか。これは簡単に言うと、脂肪吸引を過信しているからと言えます。

脂肪吸引は、吸引した場所の脂肪細胞の数は減らしてくれますが、吸引していない場所の脂肪細胞の数は今まで通りで変わりません。よって「脂肪吸引して脂肪の数が減ったから大丈夫だろう」と高カロリーな食事をしていれば、脂肪吸引していない箇所の脂肪が肥大化するのは必然の話です。また、運動をして脂肪が減ったわけでもないので、基礎代謝も上がっていない状態での高カロリーご飯は命取りと言えます。

なので、あくまでダイエット補助の1つとして脂肪吸引を考え、カロリーを抑えた食事をすることがダイエットに成功する秘訣と言えます。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加