子供の残り物をつい食べてしまい、ダイエット失敗!どうすれば回避できる?

kodomo

「ご飯を残すのはもったいないから」とついつい子供が残したものを食べてしまうことはよくあると思います。しかしそれをすることで想定以上のご飯を食べてしまい、ダイエットに失敗してしまうという事例はよくあります。

今回はそんなダイエット失敗事例に対して解決策をまとめました。頑張るママさんに見ていただきたいです。

食べ残し処分係を卒業しましょう

小さい頃から「食べ残してはいけません」「残したら百姓さんに怒られるよ」と言われて育った人ほど、食べ残しにはかなり敏感です。なおかつ、それが自分が作った料理であったり、家の料理であればなおさらです。

だから、ついつい子供が残したものを食べる、いわゆる「食べ残し処分係」になっているお母さんが多いと思うのですが、それをやっている限りはダイエットをするのは難しいといえるでしょう。

たとえそれが一口であったとしても、積もり積もればお腹の脂肪として蓄積されていく余計なカロリーを摂取しているということになります。まずは食べ残し処分係を卒業することからはじめましょう。それがダイエットに失敗しない第一歩です。

食べ残しを出さないためには

それでは食べ残しを出さないための工夫をお伝えいたします。それは常備菜を増やして最初の量は少なめに出すことです。家でご飯を作る際は、いきなり全部の量をぼんと出すのではなく、最初は少し制限した量を出すようにしましょう。その量でお腹いっぱいになればそれでご飯は終わりですし、足りないようであれば作り置きしておける料理を追加で少量ずつ出せば食べ残しを出さないようにできます。

外食で食べ過ぎないためには

もし外食時に食べ残しが発生してしまった場合、みなさんはどうしていますか?うちの場合は、基本的に「持ち帰り」をさせてもらっています。チェーン店ですと難しいかもしれませんが、個人経営のお店であれば特に何も言われることなく持ち帰りができると思います。

これをすることで、その時の食べ過ぎを防ぐことが出来ますし、なによりも次の食事の準備を減らすことが出来ます。これはママにとって嬉しいですよね!

まとめ

以上子供の食べ残しを食べてしまうことでダイエットに失敗してしまう時の対処法をまとめさせていただきました。一気に沢山食べるのではなく少しずつ料理を出すことで、次の料理を楽しみにするということも増えますし、食べ残しも減らすことが出来ます。

ぜひ食べ過ぎないよう注意しながらダイエットを頑張りましょう!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加