食事の記録をして、1日のカロリーを計算するようにしましょう!

note

みなさんレコーディングダイエットってご存じですか?最近は実践されている方も多いので、耳にしたことがある方も多いと思います。これはその日に食べたものを記録するというダイエット方法なのですが、それだけ聞くと本当に痩せるの?と思う方もいらっしゃると思います。

そこで今日は食事の記録をすることで、どういった効果が得られるのかをまとめてみました。ご覧ください。

レコーディングダイエットとは

さてまずはレコーディングダイエットの紹介をさせてもらいます。これは「いつまでもデブだと思うなよ」という岡田斗司夫さんの書かれた本で世の中に広く知られたダイエット方法です。実際にこの著者の方もこの方法で50キロのダイエットに成功したとのことです。

ではレコーディングダイエットとはどのように行うのかといいますと、実際に食べたものやそのカロリーを記録するだけというすごく簡単なやり方です。これで50キロ痩せたというのですから驚きです・・・。ではどうやってそんなに痩せることが出来たのでしょうか。

反復活動で脳に刷り込む

毎日記録するという行為で、自然とダイエット意識が高まっていくようです。また、記録したものを振り返るとその日食べ過ぎたかどうかも分かります。よって自然と食べる量を減らそうという意識になりやすいようです。

食べ物・飲み物のカロリーを気にするようになる

記録をつけるということは、その食べ物や飲み物のカロリーを確認してから購入するという行為に繋がります。よってこれらの行動によってカロリーを自然に抑えることが出来るというのです。

例えばおにぎり1つとってもシーチキンと梅では格段にカロリーが違いますし、パスタでもクリームパスタかペペロンチーノかでもカロリーは全然違います。記録をつける中で、これらを自然にできるようになってくることで、意識せずともカロリーオフ出来ているということですね。

レコーディングダイエットで注意する点とは?

ではそんなレコーディングダイエットをする上で注意すべき点とはどんなことでしょうか?それは以下のことです。

  • 飲んだり食べたりしたら、少量でも必ず記録をつける。後日まとめてつけようと考えない
  • カロリー制限だけを考えるとストレスが溜まるので、そればかりを考えない
  • 記録から過去の食生活を振り返り改善点を見つける
  • 正確なカロリーがわからない時は、おおよそでもいいので必ず記録する
  • ダイエット終了後も体重を測る

ちなみに、あとから振り返ることを考えると見やすいフォーマットにしておくことをオススメいたします。レコーディングダイエットで意識を変えてカロリーを減らしていきましょう!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加