病気の予防にも酵素ドリンクがいいって知ってましたか?

byouki

あなたは身体の中の酵素が足りなくなるとどのような不具合が起きるかご存じですか?実は身体の中の酵素が足りなくなると最終的に大きな病気にかかってしまう可能性が上がるのです。

このページでは酵素不足によって起こる可能性のある病気などをまとめました。参考になれば幸いです。

酵素が足りなくなる原因とは?

人間の身体の中には、生まれたその時から酵素がありましてその量が一生使える量ということで決まっています。また、一生に使える量が決まっていますので、もちろん1日に使える量も決まっています。よってこの1日あたりの消費量が増えてしまい、酵素が足りなくなるのが「酵素不足」なのです。

ではなぜそのようなことが起きてしまうかというと、現代人の食生活が関係していると言えます。動物は日常的に生の野菜や果物を摂取していますが、現代の人間の多くはファーストフードなどで食事を済ませてしまうことが多いです。それにより日常的に体外から酵素を摂る機会が減っているのです。

なお酵素不足になるとどのような影響が出るかというと、以下の様な影響が出ます。

  • シワやたるみが目立つようになった
  • 疲れが抜けなくなった
  • お酒が次の日も残るようになる
  • 血液がどろどろに

酵素不足によって起きる病気

上記のような症状が出ることで、どのような病気になり可能性があるのでしょうか。

まず、酵素が足りなくなり代謝が落ちますし、血液がドロドロになるので「生活習慣病」にかかる可能性が上がるといえるでしょう。また、ドロドロになった血液は血管に詰まりやすくなりますので脳卒中などの可能性もありえます。

どちらも命にかかわる病気ですので、なんとしても防ぎたいですね。

また、疲れが抜けなくなったりお酒が次の日も残るようなことは、やる気を削いでしまいますので「仕事が辛い」と感じるようになり、精神的に塞ぎこんでしまったり、最悪うつ病に繋がる可能性もありえるのではないでしょうか。そうなってしまうと仕事に復帰するにしても時間が必要になってしまいますので、しっかりと日常的にケアをしていきたいですね。

酵素不足にならないために

このページを見ているあなたは、上記のような病気にはかかりたくないですよね?そのためには、普段から食事量は腹八分目にして酵素不足にならないように気をつけましょう。また、加齢によって絶対的に体内の酵素の量は減っていってしまうのです。

よってそこは酵素ドリンクやサプリで補うようにし、身体の中の酵素を新陳代謝に使えるようにしていきましょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加