酵素ダイエット後にリバウンドしてしまう原因とは?

onaka

「置き換えダイエットを始めたの」と周りの方に言うとよく言われるのが「食生活が戻ったら元に戻るんじゃないの?」ということです。たしかに置き換えダイエットをして痩せたとしても、元の食生活に戻ってしまえばそのまま体重が増えるだろうとは誰でも思いますよね。

このページではそんな疑問に対する答えをまとめました。ご覧ください。

リバウンドしてしまう理由とは

さてそれでは、酵素ドリンクダイエットをしてせっかく痩せたのにリバウンドしてしまった方が、なぜリバウンドしてしまうのかを見ていきましょう。その主な理由は以下の3つにあるんです。

停滞期間にダイエットをやめてしまう

これはどのダイエットにも言えることなのですが、体重が落ちづらい停滞期間というものが存在します。

これは短期間に劇的に体重を落としすぎることで「身体が飢餓状態になっているんじゃないか」と勘違いしてしまっている期間のことです。飢餓状態だと勘違いしている身体は、少しでもエネルギー効率を良くしようと消費カロリーを減らしたり、積極的に脂肪にエネルギーを蓄えようとしていきます。

よってこの時期に「体重が落ちなくなったから」といってダイエットをやめてしまうと、身体に脂肪がつきやすい状態ですのですぐにリバウンドしてしまいます。

満腹感の減少による食べ過ぎ

次にあるのは、満腹感が減少したことで食べ過ぎてしまうという事象です。これは酵素ドリンクダイエットをしていると脂肪にエネルギーが届きにくくなるので、満腹中枢を刺激するホルモンが減ることで起こります。

通常の人の身体というものは、脂肪にエネルギーが入った時に満腹中枢が刺激されることで満腹感を感じています。しかしダイエット中は脂肪に届くエネルギーが減ってしまうので、この満腹感を起こすホルモンが減っていきます。

その状態で通常の食事に戻すと、満腹感をいつもより感じにくいために食べ過ぎてしまうということが起きます。その結果リバウンドしてしまうということです。

基礎代謝低下による、消費エネルギーの低下

酵素ダイエット中に運動をしていないと、脂肪と一緒に筋肉も落ちてしまいます。これは人間の身体の構造上防げないんですよね。身体にあるものの燃えやすい順番が、脂肪よりも筋肉のほうが燃えやすいという作りになっているので。

よって運動をしていない状態で体重が落ちる⇢エネルギーを消費していた筋肉も落ちてる⇢消費されるエネルギーが減ってる。という流れになります。この状態でダイエット前の食事に戻してしまうと、消費される分が減っているのでもちろん脂肪として蓄えられてしまい、リバウンドとなってしまいます。

リバウンドを防ぐ方法

今までのことを踏まえると、ダイエットを初めて体重が少し落ちたからといってすぐにやめるのは控えたほうが良いといえます。特に1ヶ月で3キロ以上減ったような方は、停滞期に入っている可能性が高いので要注意です。

また、ダイエット中も有酸素運動をするなどして、筋肉が落ちないように気をつけるようにしましょう!ちなみにダイエット中におすすめの運動はここにまとめてますので見てみてください〜。

せっかく頑張ってダイエットをするのであれば、そのまま綺麗な状態を保てるように終わった後も気をつけましょう!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加