酵素が多く含まれる食材を効率よく摂取する方法とは!?

fruits

あなたが酵素ダイエットをしているのであれば、どの食品に多く含まれているか気になるはず。酵素ドリンクだけでなくいつも食べているものの酵素量を増やすことで自然と酵素を摂取することができます。

このページではどの食品に酵素が含まれているかをまとめました。ぜひご覧くださいませ。

酵素を効率的に摂取する方法とは

酵素を効率的に摂取するためにはどうすればいいでしょうか。

まず酵素は加熱をすると壊れてしまいますので、加熱することは避けましょう。その上で酵素を効率的に摂取するためには、生野菜や果物などを生のまま丸ごと食べるのが一番いいでしょう。

では、どの食品が多く酵素を含んでいるかを紹介していきますね。

酵素が多い果物

果物は糖分が多いために太りやすい食品だと思われがちですが、果物に含まれている糖分(果糖)は体内で早く代謝されるため皮下脂肪として蓄積される可能性は低いです。

なお、酵素が多い果物は以下のとおりです。

  • パパイヤ
  • アボガド
  • キウイ
  • バナナ
  • マンゴー

これらを積極的に取っていけば、普通に食事するよりも酵素を豊富にとることが出来るので体内の代謝が活発になるでしょう!

酵素が多い野菜

酵素を多く含む野菜は以下のとおりです。

  • レタス
  • キャベツ
  • 人参
  • セロリ

これらの野菜であれば、サラダで食べやすいと思いますのでなるべく毎食食べるようにしましょう!

しかしこれらの野菜は体を冷やしてしまう側面も強く持っています。よって、身体を温める食材と一緒に摂るようにしましょう。ちなみに体を温めてくれる食材は以下のとおりです。

  • しょうが
  • ねぎ
  • にんにく
  • 根菜類

たくさんの果物や野菜が食べれない時は

上記のような果物や野菜が酵素が多いものですが、さすがに毎日そのまま食べるのは大変ですよね。まして一人暮らしであれば、食材を買いすぎて腐らせてしまうといったこともしばしばあるのではないでしょうか。

そんな時は、ジューサーで生ジュースにして飲むのをオススメいたします。なお、高速回転のジューサーを使ってしまうと加熱されてしまいせっかくの酵素が壊れてしまいますので、使うのであればスロージューサーを使って生ジュースを作るようにしましょう!安いものであれば数千円からありますし、自分で作れなかった時は「ジュースクレンズ」を買えばOKです!

なおコンビニなどで売っている野菜ジュースで十分じゃないの?と思われる方もいらっしゃると思うのですが、あれはかなりの糖分が足されていますのでおすすめは出来ません!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加