酵素不足になる原因とそれを防ぐ方法とは!?

yasai

皆さんの中で「あ、今酵素が不足してるなぁ」と実感されたことがある方はいらっしゃいますでしょうか。このようなことを感じられたことのある方はほぼいらっしゃらないと思いますが、実際に酵素が不足することで生活に様々な弊害が出てくるのです。

このページではそんな酵素不足がもたらす弊害をまとめさせていただきました!

そもそも酵素の役割とは

さて、酵素不足が招く弊害の前にそもそもの「酵素の役割」を再確認しておきましょう。

酵素とはタンパク質の1つで、食べ物を食べたあとに消化をするなどといった、体内で起きる化学反応に対して大きな役割をもつものです。酵素がなければ、消化や心臓を動かすといったこともできなくなってしまうのです。

なお、人間だけでなく様々な動物・植物も酵素の力によって生きていると言っても過言ではないほど酵素は重要なのです。

酵素が不足する原因とは

体内の酵素が不足する原因と言われているのは、大きく2つあります。1つ目は「年齢を重ねたことによる体内の酵素料の減少」です。

年齢を重ねたことによる体内の酵素料の減少

人間の体内にある酵素の量というのは、実は一生で使える分が決まっているのです。また、1日に使える分量も決まっています。よって歳を重ねるごとに体内の酵素の量が減っていくというのは必然です。

なお酵素が体内で一番活性化しているのは、やはり生まれた瞬間でして、その後は20代を過ぎた頃から体内の酵素料が減っていきます。

暴飲暴食による酵素の消費量増加

2つ目の原因は、「暴飲暴食による酵素の消費量増加」が原因です。

例えば、朝からハンバーガーを食べて昼は定食屋さんでご飯をガッツリ食べる。その上夜遅くにラーメンを食べる。こんな生活をしていては体内で消費を担う酵素からしたらたまったものではないですよね。

このような食事を20代以降も続けてしまうと、もちろん体内の酵素も減っていっていますので、すぐに1日に使う酵素の量が足りなくなってしまいます。

酵素不足にならないためには

上記のような原因で酵素不足になってしまうのですが、では酵素を不足させないためにはどうするべきでしょうか。

それは生野菜を食べるのが一番いいです。酵素は火を通してしまうとほとんど壊れてしまいます。よって、生野菜から摂取すれば体内で使う酵素を減らすことが出来ますので酵素不足になりにくいと言えます。

もしなかなか生野菜を食べるのが難しいというのであれば、酵素ドリンクを飲むのがいいでしょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加