おなか・ウエストを狙って、部分痩せをするためには!?

koshi

ダイエットをしていても、なかなかお腹のお肉は落ちてくれないという減少が起きがちですよね。お腹はある程度までは落ちるのですが、そこからは狙い撃ちしないとなかなか落ちません。それにはお腹やウエスト用の部分やせエクササイズをする必要があるのです!

よってこの記事ではそんなお腹やウエストの部分痩せを特集しております。ぜひご覧ください。

痩せやすくなる身体にするには?

それではまずは脂肪を落として部分やせするために、痩せやすい身体にするためにはどういったことが必要なのかを紹介させていただきます。

痩せやすい身体にするためには、一番は脂肪が燃焼しやすい身体にするというのが重要ですよね。いくら身体を鍛えたり酵素を取り入れたとしても、身体の外に脂肪が出ていかないのであれば体脂肪率は減少しません。

では脂肪が燃焼しやすい身体にするためにはどうしたらいいのでしょうか。それには脂肪を燃やすための筋肉が必要になります。

お腹の脂肪を燃やすための筋肉とは?

お腹やウエスト周りのポッコリを引っ込めるためには、それを引っ張ってくれる筋肉と燃焼する筋肉が必要になります。お腹の場合はこの2つの役割をひとつの筋肉が行ってまして、それは体幹なのです。

身体の中心にあって内蔵を守っている体幹なのですが、実は大きな筋肉の塊なのです。よってこの筋肉を鍛えることで、脂肪を燃焼してくれますし身体の支えも太くなるので、楽に綺麗な姿勢で立つことが出来るようになります。

お腹がぽっこりしてしまう理由のひとつは猫背などによって姿勢が悪いことが影響していると思われるので、綺麗な姿勢で立つだけでもすっきりして見えますよね。

体幹を鍛える筋トレとは?

それでは体幹を鍛えるためにはどういった筋トレをするのが良いのでしょうか。これはすごく簡単でして、部活の時などにやったあ仕上げをやればいいだけです。体幹は股関節とつながっていますので、股関節を動かすことで体幹を鍛えることが出来るのです。

なお自宅でやるのであれば、おへそのあたりに手のひらを用意して、そこまで膝を上げるという方法が一番分かりやすいです。これを30回×3セット毎日やれば体幹は十分に鍛えられると思います。さらにこれにひねりを加えればウエストの筋肉も刺激できます!

こんな感じで特にジムなどには行くことなくお腹ポッコリは治すことが出来るのです!まずは自分で鍛えてみて、どうしてもダメだったら次の手段を考えるようにしましょう!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加