二の腕を狙って、部分痩せをするためのエクササイズとは!?

春や夏が近づいてくると、薄着の季節なので二の腕のぷにぷに具合が気になってきますよね。暑いからノースリーブを着たいけど、二の腕が気になって着れない!なんて人多いんじゃないでしょうか。

そこで今回はそんな二の腕に焦点を絞って部分痩せの記事を書かせていただきました。ぜひご覧ください。

二の腕は何故太りやすい?

二の腕はほっておくとかなりぷにぷにした状態になってしまう。これは誰もが経験されたことだと思います。ではなぜこれほどまでに二の腕は筋肉がつきにくいのでしょうか。それは二の腕の仕組みにありました。

二の腕が役割を発揮する時というのは、肘を伸ばした時なのです。その時に二の腕の筋肉は一番使用されます。ですが、普段の動作の中で肘を伸ばした状態で筋肉を使うような動きをすることがあるでしょうか。私の想像する限りでは、ないかあっても本当に限られたシチュエーションだけだと思います。

肘を伸ばすということは、なにか持っていたものを下に下ろす等の動作と関係しますので、壊れるほどの勢いでないにしろ、それほどゆっくりと下ろす人は少ないですよね。よってこのような事情から二の腕は意識して鍛えないとぷにぷにになってしまうというわけなのです。

二の腕を鍛えるには

では二の腕を鍛えるにはどうするかというと、肘を伸ばすときに負荷をかけるしか無いんですよね。よって、腕立て伏せやダンベルなどの腕の曲げ伸ばしが必要な運動が一番向いています。

腕立て伏せをするときの注意点

今まで腕立て伏せをやったことがない人が、いきなり何十回も腕立て伏せをするのは難しいと思います。なので最初は膝をつきながらでもいいので継続して行うことが重要です!

また腕立て伏せをする際には、脇を閉めて行うようにしましょう。脇を広くしてしまうと二の腕ではなく、表側の筋肉や胸筋を鍛える結果になってしまいます。また、腕の上げ下げのスピードは下げるのは早くて構わないですが、上げるのはゆっくりにするようにしましょう。そうすることで二の腕の筋肉に負担をかけることが出来ます。

ダンベルをするときの注意点

こちらも腕立て伏せと同様なのですが、今までダンベルをやったことない人が急に5キロなどでトレーニングをしますとケガのもとになります。よって最初は1リットルペットボトルや2リットルペットボトルに水を入れたものをダンベル代わりに使うようにしましょう。

またこの時も曲げる時は早めでいいのですが、伸ばす動作をじわじわとするようにしましょう。

以上二の腕の引き締め方法でした!急激に負荷をかけるというよりは、じわじわと負荷をかけたほうが最初は怪我をしにくいです。意識して二の腕を使うようにしましょう!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加