ヒップラインを鍛えて、きれいな小尻を目指しましょう!

hip

夏になるとショートパンツなどの短いパンツを履く機会が増えますよね。そんな時にキュッとしてる小尻の方を見ると羨ましくなるものです。ああいったきれいなヒップラインは元々の生まれつきのものなのでしょうか。

実はヒップラインというのは、筋トレ次第で綺麗にすることが出来る箇所なのです!今回はそんな引き締まったお尻を手に入れるためのエクササイズを紹介します!

ヒップラインは運動の効果が出やすい?

皆さんの中にも「ちょっと運動したら、ズボンのお尻周りが緩くなった気がする」という経験をされた方はいらっしゃるかと思います。これはおしりに大きな筋肉があって、効果が出やすいからだと言えます。

おしりには大臀筋と中殿筋という筋肉があるのですが、この筋肉はおしりだけでなく骨盤全体を支えているような身体にとって重要な筋肉です。よってここを鍛えることでおしりがキュッと持ち上がるだけでなく、骨盤全体が安定するという身体にとっても嬉しい効果があるのです。

また運動をされる方であれば、走る・飛ぶと言った動きの中心におしりの筋肉は非常に重要です。もっと上手くなりたいと思うのであれば、積極的におしりを鍛えるようにしましょう。

ヒップラインを鍛えるのに道具はいりません!

そんなヒップラインですが、鍛えるのに最初は道具は必要ありません。なぜなら比較的自重で負荷をかけやすい筋肉だからです。なお今回はスクワットはおすすめの運動から外しております。スクワットは非常に効率的に筋トレできるのですが、正しい姿勢を知らないで行うと体を痛める可能性が非常に高いからです。

それではおすすめの運動を紹介させていただきます。

レンジ

レンジは足を前に大きく踏み出して身体を深く沈み込ませる運動です。イメージとしてはストレッチのアキレス腱伸ばしの姿勢のまま、前に出している足の膝をぐっと沈み込ませる感じです。

ちなみに足を前に踏み出すときに勢いをつけて行い過ぎますと、人によっては膝を痛めてしまうことがあります。なので勢いを付けずにゆっくりと踏み込んで、ゆっくりと沈み込ませるようにしましょう。

ヒップリフト

これは簡単に言うと、寝転がっておしりを持ち上げるという運動です。ちなみにフォームが間違っていると別の筋肉が鍛えられてしまうので、正しいフォームで行うようにしましょう。

  1. 仰向けになり、膝をたてる →この時はかかととおしりが適度に離れるように。
  2. そのままお尻と背中と膝が一直線になるようにお尻を持ち上げる→足の裏が床から離れないように!
  3. あともお尻が床につかないように戻していく→戻すときもゆっくり戻すことで筋トレできます!

このように簡単な動きですが、フォームを意識して行うことで効果的に鍛えることが出来ます。

以上ヒップラインの鍛え方でした!毎日少しずつでも行って筋肉をつけていきましょう!!

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加